★【北海道】小野寺隆彦監督 続投のお知らせ

(c) CWS Brains, LTD.
▽この度エスポラーダ北海道では、2018/2019シーズンの監督として、小野寺隆彦氏の続投が決定しましたのでお知らせいたします。なお、小野寺監督は、チーム設立当初から11年目、またFリーグ参戦10年目のシーズンとなります。

【監督】
小野寺隆彦(おのでらたかひこ)


●生年月日:1974年12月6日(43才)
●出身地:北海道札幌市
●指導歴:1995~2007シーズン・・吉田学園サッカー部顧問
2008シーズン・・・・・フットサル北海道選抜監督
2008 ~・・・・・・・・エスポラーダ北海道監督(2008~2009は北海道フットサルリーグ)
●ライセンス:JFA公認サッカーC級コーチ
JFA公認フットサルB級コーチ

●小野寺監督コメント:
「Fリーグ参戦10周年となる記念すべきシーズンで、今季も指揮を執ることになりました小野寺でございます。今季も続投を決断してくださったクラブに心から感謝の気持ちでいっぱいです。本当にありがとうございます」

「日本トップリーグであるFリーグは、常に結果が求められる中で、ここ数年エスポラーダが下位に低迷しているのは紛れも無い事実であり、指揮を執った監督の責任は重大であることは重々承知しております。この決定においては、応援して下さる皆様にとって当然の賛否両論色々な思いが生まれることは、私自身も理解しておりますが、その中でも続投の決断をしていただいたということは、これまでの失敗を自身の力で取り返してこい!そう言われていることと受け止めており、私自身が積み上げてきた経験を元に全身全霊を賭け、厳しい状況を乗り越えていく決意でございます」

「また冒頭にも述べましたが、今季Fリーグ参戦10周年を戦い抜く中で、選手の構成もこれまでどおり『北海道出身』にこだわりを持ち挑戦し、クラブスローガン『道産子の夢をのせて』の初心を忘れずに戦って参りますので、引き続きエスポラーダ北海道の応援を何卒宜しくお願い致します」

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.