★【浦安】高橋健介氏、フットサル・インドネシア代表監督就任のお知らせ

(c) CWS Brains, LTD.
▽いつもバルドラール浦安をご声援いただき、誠にありがとうございます。

▽2017-18シーズン、プリメーロ監督として指揮を執りました高橋健介が、この度フットサル・インドネシア代表監督に就任することをお知らせいたします。

▽当地では、フル代表、U-20代表、女子代表のフットサル全3カテゴリーの総監督として、フットサル代表チームの指導基盤構築の任にあたります。
本日3月29日(木)にジャカルタへ向かい、翌30日(金)にインドネシアフットサル連盟(FFI)での契約に臨む予定となっております。

▽指導者として、バルドラール浦安から世界へ船出する高橋健介へのご声援を、引き続きよろしくお願いいたします。

▽なお、2018-2019シーズンのプリメーロ新監督につきましては、決定次第お知らせいたします。

○高橋健介プロフィール
【生年月日】1982年5月8日
【選手経歴】
2004-07 プレデター浦安(バルドラール浦安の前身チーム)
2007-08 バルドラール浦安
2008-10 Caja Segovia(カハ・セゴビア/スペイン1部リーグ)
2010-11 Guadalajara(グアダラハラ/スペイン1部リーグ)
2011-15 バルドラール浦安
【指導経歴】
2016-17 バルドラール浦安テクニカルディレクター
2017-18 バルドラール浦安プリメーロ監督
【日本代表歴】
・AFCフットサル選手権出場5回
2005年(準優勝)、2006年(優勝)、2007年(準優勝)、2010年、2012年(優勝)
・FIFAフットサルワールドカップ出場2回
2004年、2012年(ベスト16)
※2008年大会は代表選出されるも怪我により辞退
代表キャップ数60以上

■高橋健介コメント
「2016年にクラブのアジアプロジェクトとして実施したインドネシアでの短期指導がきっかけとなり、この度のオファーをお受けすることになりました。指導者として非常に挑戦しがいのある仕事だと感じています」

「選手・指導者としての道を用意してくれたバルドラール浦安をはじめとして、日本のフットサルに携わるすべての方々に成長した姿をお見せできるよう、また、近年非常にタイトな競争となってきたアジアの大会において、インドネシア代表が躍進し、インドネシア国民の誇りとなるようなチームを作るべく、この挑戦に全力で取り組んでまいります」

「まず当面の目標となるのが、5月2日からタイ(バンコク)で行われる、AFC女子フットサル選手権になります。フットサル女子日本代表も出場するこの大会に是非ご注目いただき、日本代表と一緒に、初出場となるインドネシア代表チームへもご声援を送っていただければ幸いです」

○バルドラール浦安とインドネシアの関係
2015年
・初のジャカルタ遠征、インドネシア代表との国際親善試合および社会貢献事業を実施。
2016年
・高橋健介テクニカルディレクター(当時)を、西ヌサ・トゥンガラ州ロンボク島のMataram FCへ短期指導者派遣。
・ジャワ島・スラバヤのフットサルクラブ Bintang Timur Surabayaの日本合宿をサポート、練習試合を2試合実施。
2017年
・インドネシア人をクラブマネジメントスタッフとして受入れ、短期研修の実施。
・フットサルインドネシア代表選手2名を2週間、練習生として受入れ。
2018年
・高橋健介、フットサルインドネシア代表総監督としてインドネシアへ。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.