★粘る大阪を振り切り町田が準決勝へ!!《町田vs大阪》

(c) CWS Brains, LTD.
▽13日にDUARIG Fリーグ2017/2018プレーオフ1回戦のペスカドーラ町田vsシュライカー大阪が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、3-2で町田が勝利した。

▽ついに開幕したDUARIG Fリーグ2017/2018プレーオフ。初戦では最終節で2位に浮上した町田と、プレーオフ圏内に滑り込んだ大阪が準決勝進出を懸けて激突した。試合はお互いに立ち上がりから両チームともに積極的な入りを見せる。

▽すると徐々に町田が主導権を握り始め、3分には森岡のヒールパスから室田がシュート。この流れで得た左CKからダニエル・サカイがダイレクトボレーを放つなど町田が大阪ゴールに襲いかかる。

▽大阪は7分、この試合初めて、クレパウジ・ヴィニシウス、アルトゥール、チアゴの“AVT”トリオを同時に器用。もう一人は小曽戸を送り出すが、10分に5ファウルとなるとその10秒後に小曽戸が室田を倒して6つ目のファウル。このチャンスで町田はダニエル・サカイが第2PKを決めて町田が先制した。

▽勝ち上がるためには2点が必要となった大阪は11分、右CKのチャンスから逆サイドにいた佐藤が合わせる。最後はゴール前でこぼれたボールを相井が押し込んで大阪が試合を振り出しに戻した。ハーフタイムにかけてはお互いにチャンスを決め切れず。試合は1-1で後半を迎えた。

▽すると後半は大阪がいきなりAVTトリオをピッチに送り出す。21分にはチアゴがキックフェイントから個人技でシュートまで持ち込んだが、ここは決め切れず。しかし24分に長らくケガに苦しんだあの男が待望のゴールを奪う。ボックス手前右でボールを持った加藤が、マーカーのダニエル・サカイの股下を狙ったシュートを放つと、これがGKピレス・イゴールの逆をついて大阪が2-1と逆転に成功した。

▽追いかける展開となった町田が、フィニッシュまで持ち込めない。逆に大阪がカウンタから町田ゴールに迫る場面が増えて行く。それでもリーグ戦上位の意地から、町田は32分に室田がドリブルで中央を突破し右サイドに展開。ダニエル・サカイがボックス内に入れたボールを森岡がヒールで流し、最後は走り込んでいた室田が押し込む。町田が得意の流れるようなプレーから試合を振り出しに戻した。

▽勝たなければ次のラウンドに進めない大阪は36分からクレパウジ・ヴィニシウスをGKに入れたパワープレーに出る。AVTの3人に加藤と相井がピッチに立った。しかし町田の集中したディフェンスの前になかなか決定機を作り出せないでいると、試合終了間際には中井のブザービート弾が決まり勝負あり。勝利した町田が明日の準決勝へと駒を進めた。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.