★上の順位を目指す両チームの一戦は町田に軍配!!《町田vs仙台》

(c) CWS Brains, LTD.
▽8日にDUARIG Fリーグ2017/2018第33節のペスカドーラ町田vsヴォスクオーレ仙台が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、2-1で町田が勝利した。

▽ついに最終節を迎えるDUARIG Fリーグ。6日から3日間にかけて駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場でセントラル開催となった。今シーズン最後のリーグ戦は、プレーオフ出場を決めている町田とクラブ史上最高順位を確定させている仙台の対戦となった。

▽試合は仙台がノエや内野を中心に攻め込む形を見せ、町田は室田の仕掛けから深さを作っていく。しかしよりシュートチャンスを作り出すのは仙台で、5分には中央のマルロンのパスから右サイドに流れた堀内が積極的に狙っていった。すると町田も7分に左サイドからカットインした室田が右足を振り抜くなど、徐々にギアをあげていく。

▽しかしお互いに決定機を作りながらも決めきれず。特に町田は15分にシュートパスに対して横江が飛び込んだが、わずかにボールを押し込めない。17分には相手のパスミスを奪った中井がGK税田の脇を狙ったシュートを放つが、ライン上でクリアされるなどゴールが遠い。

▽しかし18分にスーパーゴールでついに試合が動く。町田は左サイドでボールを持った室田が逆サイドに大きな展開。するとゴールに背を向けた状態の原がヒールで合わせると、このシュートがゴールネットを揺らして町田が先制した。

▽そのまま後半を迎えると、リードする町田が次々とチャンスを作る。CKから立て続けに中村や横江がシュートチャンスを迎えたがGK税田の好セーブもあり追加点とはならず。しかし27分、ルーズボールを拾ったアレックスが相手陣内へとボールを運び、最後は体勢を崩しながら放ったシュートがネットを揺らして、仙台が同点とした。

▽振り出しに戻った後はなおも町田が攻め込んでいくが、なかなかゴールラインを割ることができず。仙台もカウンターのチャンスを迎えながらもGKピレス・イゴールの牙城を崩せない。町田は33分に左の中井が入れた鋭いパスを、セグンドで構えていた横江が左足のアウトサイドで合わせるが、ボールはクロスバーを超える。

▽同点のまま迎えた試合終盤で先に動いたのは2位を目指す町田。39分に横江をGKのポジションに置いてパワープレーを開始。すると残り46秒に右サイドのダニエル・サカイが入れたボールをゴール前の室田が押し込んで町田が勝ち越しに成功。すると今度は、8位浮上の可能性を残す仙台がマルロンをGKのポジションに入れてパワープレーに出る。しかしこちらはゴールを奪うことはできずに試合は終了。町田がリーグ戦を2位で終えた。一方の仙台は8位浮上を逃すも、クラブ史上最高位でシーズンを終えた。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.