★神戸、試合終了間際の森洸弾で劇的勝利! 最下位脱出でシーズン終了! すみだは4位でプレーオフへ《すみだvs神戸》

(c) CWS Brains, LTD.
▽8日にDUARIG Fリーグ2017/2018第33節のフウガドールすみだvsデウソン神戸が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、2-1で神戸が勝利した。

▽ついに最終節を迎えるDUARIG Fリーグ。6日から3日間にかけて駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場でセントラル開催となった。3日目第4試合では7日に行われたバルドラール浦安戦で8-0で大勝した3連勝中の4位・すみだと、名古屋オーシャンズ戦に1-3で敗れた最下位・神戸が対戦した。

▽プレーオフ進出が決定しているすみだにとって勝利すれば、第5試合で行われるペスカドーラ町田vsヴォスクオーレ仙台の結果次第で、3位浮上の可能性もある試合。対する神戸は、勝利して最下位を脱したいところ。試合はすみだが1分、岡村とのパス交換から敵陣中央右の田村がミドルシュートでゴールを脅かす。

▽4分にも清水が遠目からシュートを放つなど、すみだが立ち上がりからボールを保持。しかし、時間の経過と共に神戸も応戦し始める。霜出のパスを受けた森脩がボックス左手前から低い弾道のシュートを放つが、GK大黒が冷静に処理する。

▽対するすみだは11分、左サイドの栗本からキックインを受けた大薗が敵陣中央右から強引にシュート。これはGK小石峯に阻まれたが13分、敵陣中央やや左でパスを受けた大薗が再び強烈なシュートを放つと、ボールはGK小石峯の手を弾いてゴールに吸い込まれた。

▽先制に成功したすみだは、2戦連発となった大薗がその後も立て続けにゴールを脅かすなど思い切りの良いプレーを見せる。対する神戸も17分、右サイドでパスを受けた稲田がカットインから左足を振り抜く。さらに18分、森洸が川那部とのパス交換で右サイドを突破し、シュートを放つも決めきることができない。

▽それでも迎えた後半、昨日行われた名古屋戦でもゴールを決めた松宮が華麗なゴールを決める。22分、岡崎のパスを受けた川那部がボックス手前やや右に浮き球のパスを供給。走り込んだ松宮がダイレクトで右足を合わせ、ゴール右上に突き刺した。

▽試合を振り出しに戻されたすみだはその後、神戸のディフェンスに苦戦し、ボックス付近に近づくことができない。すると神戸は26分、ドリブルで敵陣に侵攻した川那部のパスに松宮が抜け出し、右足裏でボールを左にずらし、シュートを放つもわずかにゴール左外へと外れた。

▽嫌な時間帯が続くすみだは27分、交代で入った清水が右サイドで味方のスルーパスを引き出し、ボックス右外から右足を振り抜く。しかし、強烈なシュートは右ポストに嫌われる。さらに32分には渡井の左足シュートがGKを強襲するが、得点には至らない。

▽試合終盤に差し掛かると、徐々にすみだが神戸を押し込み始め、得点の匂いが。35分、ボックス右手前でパスを受けた田口が力強いシュート。しかし、今度はバーに直撃する。

▽敵陣への侵攻回数が増加したものの、決めきることができないすみだ。36分、岡山の左CKに田口が頭で合わせると、これが右ポストに当たる。すると神戸が素早いカウンターを仕掛ける。しかし、すみだも川那部のスピーディなドリブルを防ぎ、すぐさまカウンター返し。渡井が前線へパスを送ると、すみだは清水と田口に対して、神戸はGK一人だけ。清水がGK小石峯を引きつけてラストパスを田口へ。しかし、これがマイナス気味に入ってしまい、決めきることができない。

▽両者激しい攻防を見せて会場を沸かせると、最下位を何としても脱したい神戸がパワープレーを敢行。迎えた40分、松宮のシュートがGK大黒のパンチングを誘発し、最後は森洸が押し込んだ。

▽終盤に逆転を許したすみだもゴレイロの位置に岡村を投入してパワープレーに出る。しかし、最後までゴールは生まれず試合終了。終盤に逆転劇を見せた神戸が最下位を脱出してシーズンを終えた。一方のすみだは4位でプレーオフに臨むこととなった。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.