★府中、4発で大分撃破も目標達成ならず…得失点差で上回った大阪のプレーオフ進出が決定!《府中vs大分》

(c) CWS Brains, LTD.
▽8日にDUARIG Fリーグ2017/2018第33節の府中アスレティックFCvsバサジィ大分が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、4-2で府中が勝利した。

▽ついに最終節を迎えるDUARIG Fリーグ。6日から3日間にかけて駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場でセントラル開催となった。3日目第2試合では7日に行われたペスカドーラ町田戦で2-2で引き分けてしまい、プレーオフ出場圏外の6位に転落してしまった府中と、6日に行われたシュライカー大阪戦を3-7で破れて3連敗中の11位・大分が対戦した。

▽プレーオフ最後の1枠を争うシュライカー大阪が1試合目に行われたバサジィ大分戦に5-3で勝利。府中はプレーオフ進出に向けて27点差以上での勝利が条件という絶望的な状況となった。

▽そんな中、試合は開始直後こそ立て続けに大分にシュートを許した府中が、2分に敵陣右サイドに侵攻し、最後は皆本が先制点を挙げる。さらに5分、上福元がボックス手前に持ち込み、左にラストパス。走り込んだ花嶋のシュートはGK後村に弾かれたが、こぼれ球を岡山がプッシュした。

▽対する大分は8分、ボックス左手前でパスを受けた田村研がトゥーキックシュート。これがゴール右を取られたが、GK田中にパンチングで防がれる。さらに直後、素早い攻撃から田村龍がボックス左手前に抜け出し左足を振り抜く。今度は右ポストに嫌われた。

▽2点奪って以降、押し込まれる時間帯が続いた府中も再び攻勢に。11分、自陣左サイドから上福元がボックス右手前にフィード。これに岡山が抜け出すも、GK後村にシュートコースを消される。

▽前半のうちに1点を返したい大分は15分に仁部屋が左サイドからカットインから右足を振り抜く。16分にも田村研のパスを受けたボックス内で立て続けにシュートを放つが、決めきることができない。

▽2-0で試合を折り返すと、2点を追う大分が21分、左サイドでパスを受けた仁部屋がボックス左手前からシュート。これが右サイドネットに突き刺さり、大分が1点差に詰め寄る。

▽後半立ち上がりにペースを握る大分は23分、白方の縦パスを仁部屋がポスト。ボックス左に走り込んだ田村龍がシュートを放つも、ゴール左外へと外れた。

▽大分を突き放したい府中は27分、ボックス手前やや左でFKを獲得。これをキッカーの渡邉が右足を振り抜き、右ポストを叩いてゴールネットを揺らした。さらに府中は32分、敵陣での攻撃から右サイドでパスを受けた花嶋がカットインからの左足シュートでリードを3点に広げた。

▽苦しい展開となった大分。それでも35分、仁部屋が自陣からドリブルでボックス手前に侵攻し、パスを受けた田村研が巧みなループシュートでGK田中の頭上からゴールネットを揺らした。

▽点差を2点に縮めた大分は直後、ゴレイロの位置に仁部屋を入れてパワープレーに出る。しかし、あと一歩のところまで迫るも最後までゴールは生まれず試合終了。4-2で勝利した府中は、勝ち点こそ大阪と並んだものの、得失点差で上回ることができず、シュライカー大阪のプレーオフ出場が決定した。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.