★神戸の粘りの守備に手を焼くも、名古屋が4連勝!!《名古屋vs神戸》

(c) CWS Brains, LTD.
▽7日にDUARIG Fリーグ2017/2018第32節の名古屋オーシャンズvsデウソン神戸が駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場で行われ、3-1で名古屋が勝利した。

▽ついに最終節を迎えるDUARIG Fリーグ。6日から3日間にかけて駒沢オリンピック公園総合運動場屋内球技場でセントラル開催となった。2日目第2試合では25勝1分け5敗で勝ち点76の首位・名古屋と、3勝9分け19敗で勝ち点18の12位・神戸が対戦した。

▽試合は立ち上がりからヴァルチーニョ、ルイジーニョを起点として名古屋が攻め立てる。3分にはヴァルチーニョとのパス交換から酒井ラファエル良男がシュートまで持ち込んだが、GK小石峰がブロックした。押され気味に神戸も4分に森洸が高い位置でボールを奪ってシュートまで持ち込んだが、こちらもGK関口がショットストップを見せた。さらに5分にはスルーパスに抜け出した岡崎チアゴが決定機を迎えたが、シュートは枠の外へと飛んでしまい決めきれない。

▽その後は再び名古屋が主導権を握る展開の中、10分には平田ネトアントニオマサノリが八木とのパス交換からシュートを狙っていく。12分には左サイドの深い位置で八木がいれたマイナスのボールを酒井がスルー。最後はラファが左足で狙うが、このチャンスも相手にシュートを当ててしまい決めきれず。

▽ハーフタイムにかけても名古屋がチャンスを作っていくが、GK小石峰を中心に神戸がしっかりと体を張った守りを見せる。16分には中央のヴァルチーニョから右のラファが折り返したボールに西谷が合わせるがポストを叩く。しかし17分、右キックインから逆サイドに飛ばしたボールをラファがボレーで合わせるとこれがネットを揺らす。さらに直後には右サイドでボールを奪った平田が縦に抜けてシュートパスを送ると、今度は西谷がきっちりと押し込んで2点目を奪った。

▽そのまま後半を迎えた試合は、前半と同様の流れで進んでいく。しかし神戸も22分に稲田が右サイドからカットインしてシュートを放つなど名古屋ゴールに迫る場面が見られた。対する名古屋も24分にサイドの八木がループ気味にシュートを放つ。しかしここは戻った森脩がライン上でクリアしてゴールとはならず。迎えた26分には、セットプレーから吉川が左サイドからいれたシュートパスをヴァルチーニョが体で押し込み3点目を奪う。

▽しかし神戸も27分、ドリブルで中央からボールを運んだ稲田が右に展開。森洸がダイレクトでいれたシュートパスをセグンドの松宮が押し込む。流れるようなパスワークから神戸が1点を返した。

▽神戸は残り5分32秒から岡崎チアゴをGKに置いたパワープレーを開始。しかしゴールを奪うことはできずに試合は終了。名古屋が4連勝を飾った。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.