★ホセ監督「喜びの感覚がある」《仙台vs大分》

(c) CWS Brains, LTD.
◆ヴォスクオーレ仙台

▽ホセ・フェルナンデス監督

――試合を振り返って

「選手たちのプレーを祝福したいです。前半は難しい試合でした。流れるプレーがなくポゼッションも難し深さがなく幅だけのプレーでした。それが0-2になった原因だと思います。前プレするためにタイムアウトをとりました。リズムを崩すためにパワープレーを行い、それがうまくいったと思っています。前半最後、CKからのゴールで1点を返し、後半も点を奪いましたがいつものように最後まで苦しんだ試合でした」

「我々はヴォスクオーレなので勝つためには苦しまなければいけないです。それでもこの勝利の喜びの感覚はあります。このセントラルで6ポイントを取り、5試合負けなしです。監督としてポジティブに思っています。まだ5試合残っているので、クラブやファンのためにも上の位置で終わりたいと思います」

――好調に転じた一番の理由や原因は
「信頼が一番です。いつもいっていますが、自分の仕事への信頼が大事で、自分のトレーニングに対して信頼がなければ問題です。我慢すること、ハードトレーニングすること、毎日良いトレーニングをすれば、結果は遅かれ早かれ出てくるものです。シーズン最初から考えるとこの集団、個人としても良くなっています。昨日のすみだ戦でそれを証明しました。今はどのチームにも勝てます。それは毎日のトレーニングからくるものです」

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.