★粘りの仙台が2点差をひっくり返して大分に逆転勝利!!《仙台vs大分》

(c) CWS Brains, LTD.
▽3日にDUARIG Fリーグ2017/2018第28節のヴォスクオーレ仙台vsバサジィ大分がゼビオアリーナ仙台で行われ、6-5で仙台が勝利した。


▽今シーズンからの試みとなる6クラブ共同開催が6回目を迎えた。ゼビオアリーナ仙台ではJ SPORTSシリーズとしてヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、ペスカドーラ町田、名古屋オーシャンズ、シュライカー大阪、バサジィ大分が集結した。


▽2日目の最終試合では、前日の試合ですみだを相手に初勝利を飾り勢いに乗る仙台と、名古屋に敗れた大分が対戦した。試合は立ち上がりから大分が仙台陣内で時間を使っていく。3分には原田が落としたボールを仁部屋がシュート。4分には右サイドからカットインした仁部屋が狙うなど仙台ゴールに迫る。

▽すると8分、ミドルレンジから白方がシュートを放つとディフレクトして起動が変わったボールはゴールマウスに吸い込まれ、大分が先制する。さらに14分には左サイドからの折り返しを受けた田村龍が追加点を奪い、大分が2点差とした。

▽仙台は失点ごにマルロンをGKのポジションに入れて早くもパワープレーに入る。直後には左サイドで仕掛けた堀内のシュートパスが逆サイドの南本に亨が押し込めず。すると仙台は前半終盤にパワープレーをやめて攻撃を再開。迎えた残り4秒には右CKからアレックスが入れたボールをマルロンがダイレクトで叩き込んで仙台が1点差に詰め寄った。

▽すると後半は詰め掛けたサポーターたちの声援に押される形で仙台が攻め込んでいくと22分にはオウンゴールで同点とした。さらに仙台は26分で、大分が自陣でのルーズボールをクリアしきれずにいたところを、最後は永野が押し込んでついに逆転する。30分には左CKからアレックスのシュートが決まって、4-2と大分を突き放した。

▽追いかける展開となった大分は31分、カウンターから原田のヒールぱすに仁部屋が合わせて詰め寄る。さらに34分には左からのマイナスのボールを、ミドルレンジから田村研が押し込んで4-4となった。しかし今の仙台は、ここから強さを見せる。34分には左サイドから中央に流れた堀内が、そのまま豪快なゴールを突き刺して勝ち越しに成功する。

▽大分は38分から白方をGKに入れたパワープレーに入るが、試合終盤にGK税田のパワープレー返しが炸裂。この時、白方がエリア外でボールに手を触れたがレフェリーはプレーオン。ボールがそのままゴールネットを揺らしたため、本来であれば決定機阻止としてレッドカードが提示されるところだったが、ゴールが認められたためイエローカードにとどまった。

▽その後大分は田村研がこの日2点目を奪うが、反撃はここまで。逆転勝ちを収めた仙台が、引き分けを挟んでの4連勝を飾った。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.