★シーソーゲーム制し浦安が府中に勝利《浦安vs府中》

(c) CWS Brains, LTD.
▽DUARIG Fリーグ2017/2018第28節のバルドラール浦安vs府中アスレティックFCが、3日にグリーンアリーナ神戸で行われ、2-3で浦安が勝利した。

▽試合は前半2分、敵陣で加藤がボールを奪うと、右サイドで合わせた荒牧がシュートも、これはサイドネット。ここから浦安がパスをつなぎ、チャンスを作っていく。すると7分、ゴール前でGKクロモトが弾いたボールに詰めた加藤が押し込み、浦安が先制。

▽一方の府中は、13分にインターセプトから関が駆け上がりシュートも放つが、GK藤原が触りコースが変わる。14分、宮崎が左サイドを駆け上がりシュートを放ったが、これは惜しくもクロスバーを叩く。18分、上福元がゴール正面から叩き込み、同点に追いつく。

▽後半に入り、立ち上がりにマルキーニョからの斜めのパスを受けた岡山がゴール前で合わせていく。27分には府中がゴール前でFKを獲得。渡邉のシュートを藤原が弾くと、こぼれ球に反応した渡邉が決め、逆転に成功する。

▽対する浦安は、加藤、星が攻撃の起点となり府中ゴールを脅かす。32分、荒牧が右サイドからシュートを突き刺し、浦安が試合を振り出しに戻す。36分には永島がゴール前までボールを運び、永島に対して後方から府中の選手がDF対応をする中、永島の打ったシュートがそのままゴールへ吸い込まれ、3-2に。

▽再び追う展開となった府中は、マルキーニョをゴレイロの位置に入れパワープレーを開始。しかし、このまま試合は終了。2-3で浦安が白星を飾った。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.