★白熱した撃ち合いは、すみだが大阪に逆転勝利!!《すみだvs大阪》

(c) CWS Brains, LTD.
▽3日にDUARIG Fリーグ2017/2018第28節のフウガドールすみだvsシュライカー大阪がゼビオアリーナ仙台で行われ、6-5ですみだが勝利した。


▽今シーズンからの試みとなる6クラブ共同開催が6回目を迎えた。ゼビオアリーナ仙台ではJ SPORTSシリーズとしてヴォスクオーレ仙台、フウガドールすみだ、ペスカドーラ町田、名古屋オーシャンズ、シュライカー大阪、バサジィ大分が終結した。


▽2日目の第2試合では、前日の試合でホームの仙台に敗れたすみだと町田に敗れた大阪が激突。プレオーフ出場権をかけた負けられない一戦は、開始39秒に動く。大阪は右サイドで縦に仕掛けた堀米がそのまま右足で狙うと、これがゴールネットを揺らし、大阪が先制点を奪った。さらに5分、左サイドでボールを奪った相井が逆サイドに展開。右サイドの今井が蹴り込んで一気に2点目を奪った。

▽立ち上がりに失点を重ねたすみだだったが、すぐさま反撃。7分には中央でボールを受けた清水が反転して強烈なシュートを叩き込んで1点差とすると、12分には左CKからボックス内に遅れて入り込んでフリーとなっていた岡山が楽々と蹴り込んで試合は振り出しに戻る。

▽ハーフタイムにかけては、すみだが主導権を握り大阪を押し込んでいく。17分には清水のミドルシュートに、ボラのボレーシュートが大阪のゴールマウスを襲うが、GK柿原が壁となって立ちはだかる。すると19分、劣勢だった大阪が勝ち越す。ヴィニシウスが倒されてゴール正面でFKを獲得すると、この流れから最後は加藤が蹴り込む。加藤の復帰弾で大阪が勝ち越してハーフタイムを迎えた。

▽すると後半は珍しい形からゴールが生まれる。開始18秒に、自陣右サイドでヴィニシウスがボールを持ち、プレスを回避しようとGK柿原が左のサイドに流れる。するとヴィニシウスがロングボールを蹴って回避しようとしたところ、岡山に当たってボールはゴールネットを揺らした。

▽しかし大阪は24分にFKからチアゴがずらしたボールをヴィニシウスがシュート。このこぼれ球を相井が押し込んで4-3と大阪が勝ち越す。しかしすみだも31分に左サイドのボラがフェイントを織り交ぜながら放ったシュートにGK柿原は反応できず、スコアはまたもタイに。

▽迎えた35分で、右サイドの深い位置までドリブルで仕掛けたボラのマイナスの折り返しに、ゴール前の大園が合わせて、すみだがこの試合初めて勝ち越しに成功する。すると大阪は36分から小曽戸をGKにしたパワープレーに出るが、37分には田村にパワープレー返しを決められる。それでも39分にヴィニシウスが一矢報いたが反撃もここまで。すみだが打ち合いを制して逆転勝利を飾った。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.