★湘南が北海道との白熱ゲームで競り勝つ!《北海道vs湘南》


▽3日にDUARIG Fリーグ2017/2018 第28節のエスポラーダ北海道vs湘南ベルマーレがグリーンアリーナ神戸で行われ、2-3で湘南が勝利した。

▽6クラブ共同開催・神戸会場の2日目。試合は前半の立ち上がりから互いに譲らない展開で進む。その中で先にチャンスを作ったのは北海道。8分に酒井がシュート放っていくと、9分にも酒井が左サイドを突破しシュート。これはGKフィウーザが阻止する。

▽対する湘南は10分、カウンターのチャンスからロドリゴがゴールを狙うが、シュートはポストを直撃する。10分、神が左サイド突破しシュート、GKフィウーザが弾くもこぼれ球反応した水上がシュート、GKフィウーザの好セーブが立ちはだかる。スコアが動いたのは16分、高山のシュートが決まり、北海道が先制。前半を1-0で折り返す。

▽北海道のリードで迎えた後半。22分に水上がループシュートでゴールを狙っていく。これは惜しくもクロスバーを越えていく。

▽追いかける展開の湘南は23分、ロドリゴが相手選手をかわして放ったシュートがゴールネットを揺らすと、直後にはゴール右側から内村が決め逆転。24分には、左サイドから浦上のシュートがゴール隅に決まり、北海道を突き放す。

▽逆転を許した北海道は、水上がシュートを放っていくがゴールを割ることができない。セットがかわった34分には、宮原が打ったミドルシュートが枠を捉えるも、GKフィウーザがキャッチ。直後には、CKの流れから高山がダイレクトシュートを放つが、再びGKフィウーザが立ちはだかる。

▽追いつきたい北海道は、酒井をゴレイロの位置に入れパワープレーを開始。38分、パワープレーから最後は鈴木が押し込み、1点差に迫る。直後には室田が後方から放ったシュートが枠を捉えるも、GKフィウーザが体を張ってセーブ。結局、このまま試合終了。白熱の試合は湘南に軍配が上がった。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.