★ペドロコスタ監督「苦味がある一戦」《町田vs名古屋》

(c) CWS Brains, LTD.
◆名古屋オーシャンズ

▽ペドロコスタ監督

――試合を振り返って

「まずは冷静になって振り返らないといけないと思います。今の段階で、目で見て思ったこと。この試合の分かれ道は前半と後半でした。我々は前後半で違うストーリーとなってしまいました。前半はアグレッシブで安定したゲームができていました。相手の特長を見てハーフタイムで話し合って、作戦の変更を行いました。それがどう影響したかわからないですが、後半では守備が消極的になってしまいました」

「求めている形ではありませんでした。うまくピッチで表現できず、相手に後半は圧倒されたと思います。その流れの中、あと数分で失点してしまいました。前半の入りは良くて、その流れで前半もいけました。後半は立ち上がりからミスがあり、迷いがあった入りになってしまったと思います。今はそれくらいしか言えませんが、落ち着いて振り返りたいと思います。この一戦は苦味があるものです。直すべきところをまた話し合って臨みたいと思います」


――ハーフタイムでの修正点は
「相手は2セットで0-4、3-1のセットを使います。その中で、相手にイニシアチブを出させて、ハーフに下がってミスを誘うことを狙いとしていました。後半に入りそこがうまく機能せず消極的になりすぎました。それが相手のモチベーション、自信につながり、受け身になってしまいました。ハーフから求めたかったのはそこからのアグレッシブさ。ハーフでもこちらが主導権を握る形を目指しましたが、うまく表せなかったため消極的になってしまいました。相手に流れを渡してしまったことが、失点だけでなく後半の流れを作ってしまいました」

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.