★鈴村監督「自分たちのミスから先制点を許してしまいました」《神戸vs浦安》

◆デウソン神戸
▽鈴村拓也監督
――試合を振り返って
「立ち上がりは良い入りができ、試合の流れも良かった。ただ、自分たちのミスから先制点を許してしまいました。2点目も勝負をしかけたところで、相手の守備がよかった点もあり失点につながりました。自分たちがやりたかったことを相手にやられたことが敗因の一つだと思います。明日、ホームで1勝を目指して頑張りたいと思います」

――今日初めてFリーグを観たヴィッセル神戸サポートへメッセージを
「勝利を見ていただきたかったですし、サッカーと違った躍動感のあるフットサルを見せたかったです。それを選手全員が意識していました。戦う姿を感じてもらって、ヴィッセル神戸さんだけでなく、デウソン神戸も応援してもらえればと思います。これからも応援の程、よろしくお願いいたします」

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.