★神戸と浜松の一戦は計10発の乱打戦もドロー《神戸vs浜松》

(c) CWS Brains, LTD.
▽11日に町田市立総合体育館で行われたSuperSports XEBIO Fリーグ2016/2017第24節の神戸vs浜松は5-5のドローに終わった。

▽直近3試合で白星から遠ざかっている7位の神戸と、3連敗で11位に沈んでいる浜松が激突した。中立地で互いに久々の勝利を目指した一戦は、乱打戦となる。

▽開始1分に山蔦の左足シュートで幸先良く先取した浜松だったが、4分には神戸が左CKから森洸の右足ボレーで同点。あっさり追いつかれた浜松だが、9分に右サイドをワンツーで攻略した松浦の左足シュートで再びリードした。

▽しかし、9分に右サイドからカットインした稲田の左足シュートで再び追いついた神戸は15分、原田のポストプレーから松宮が勝ち越し弾。神戸が試合をひっくり返した。

▽ところが、浜松は神戸のタイムアウト明けの20分、猛攻を仕掛けると、味方のシュートのこぼれ球をゴール前で拾った野嶋が土壇場で同点弾。浜松が粘りを見せる。

▽前半のうちに追いついた浜松は22分、右サイドから松浦が右足の鋭いミドルシュートで再び勝ち越しに成功。しかし、神戸は27分に左サイドで松浦を奪い、その流れから森脩がネットを揺らす。

▽さらに、35分には右サイド攻略から相井の一発で再びリードを手にした神戸だが、須藤をパワープレー要員としてピッチに送り出した浜松が40分に銀島が劇的ゴール。結局、決着はつかず、乱打戦の末に痛み分けに終わった。

戻る
(C)Japan Futsal Federation
(C) CWS Brains, LTD.